ローマ数字システム

Article

July 1, 2022

ローマ数字システムは、各リテラル記号が値に関連付けられている加法混色/減法混色の記数法です:表される数字は、それを構成する各記号の値の合計または差によって与えられます。

基本記号

ローマ数字は一連の記号であり、それぞれが数字を識別します。次の表に、ローマ字の記号と、10進数システムで表される対応する値を示します。ゼロを表す記号がないことに注意してくださいⅠ1V5 X 10 L 50 C 100 D 500 M 1 000

倍数の接尾辞

ローマのシステムでは、フレームの接尾辞を使用して、注目すべき倍数を示していました。文字に上線を引くか下線を引くと、元の値に1000が掛けられます。これは、国際単位系の接頭辞と類似しています。 I 1 000 V 5 000 X 10 000 L 50 000 C 100 000 D 500 000 M 1 000 000横に2本の縦線があり、その上に横線がある文字を縁取ると、元の値に10万が掛けられます。古代ローマ人は数百万または数十億の特定の単語を持っておらず、彼らの最大の数字の語彙表現は数千でした。たとえば、1 000000は「1000千」と呼ばれていました。 I 100 000 V 500 000 X 1 000 000 L 5 000 000 C 10 000 000 D 50 000 000 M 100 000 000上に2本の水平線があるエッジング、元の値に1000000を掛けます。I1000000 V 5 000 000 X 10 000 000 L 50 000 000 C 100 000 000 D 500 000 000 M 1 000 000 000

ルール

他の表現可能な整数を取得するには、次の規則を尊重する文字列を取得するために、これらの記号を組み合わせる、つまり並置する必要があります。ローマ数字の中で、記号I、X、C、およびMは、原則として最大3回連続して繰り返すことができますが、記号V、L、およびDを連続して2回以上挿入することはできません。ただし、ラツィオ(一般向けのコロッセオの80の入り口のうち76)やエトルリア(とりわけ)の古代のエピグラフで報告されている4つのIIIIなど、4つのシンボルを持つフォームもあります。と他の分野で。ただし、ポンペイで見つかったいくつかのエピグラフは、中世の形式IVで4つを示していることを強調する必要があります。増加する値を決して提示しない記号のシーケンス(つまり文字列)は、示された記号の値を加算することによって得られる整数を示します(並置による加算の原則);例II2、XI 11、XVIII 18、CXV 115、DLII 552、MMXVIII2018。シンボルに遭遇した後、より大きな値の2番目のシンボルが検出されると、2つの間の差が得られます(差の原則)。例:IV 4、IX 9、XL 40、XC 90、CD 400、CM900。前のタイプのペアと記号で構成される文字列も、ペアからより低い値のペアに渡される場合は、下のシンボルのペアへのシンボル、およびペアの両方のメンバーのペアから下のシンボルへのシンボル。減算的な意味で使用できるのは、I、X、およびCのみです。これらの規則は、特定の数値を複数の方法で表現できることを意味します。これらの場合、より簡潔な記述が望ましいです。したがって、次の連続番号のセットが識別されます(a)1 I 2 II 3 III 4 IV 5 V 6 VI 7 VII 8 VIII 9 IX(b)Xを含み、Xをセットの文字列に従わせることによって得られる文字列(a )、またはXと(a09)の文字列を並置して得られた文字列:10 X 11 XI 12 XII 13 XIII 14 XIV 15 XV 16 XVI 17 XVII 18 XVIII 19 XIX(c)20から29までの数字:Xとの並置(b)(d)30から39までの数字の文字列:Xと(c)の文字列(e)40から49までの数字:XLと(a)の文字列の並置。 (f)50から59までの数字:Lと(a)の文字列の並置。 (g)60から89までの数字:Lと(b)の文字列の並置、(c)または(d)(h)90から99までの数字:XCと(a)の文字列の並置。 (i)100から199までの数字:Cと(a)、(b)、(c)、(d)、(e)、(f)、(g)、または(h)の文字列の並置。 (l)200〜299の数字:Cの並置と(i)の文字列(m)300〜399の数字:Cの並置と(l)(n)400〜499の数字の文字列:CDの並置(a)、(b)、(c)、(d)、(e)、(f)、(g)、または(h)の文字列。 (o)500から599までの数字:Dと(a)、(b)、(c)、(d)、(e)、(f)、(g)、または(h)の文字列の並置。 (p)600から899までの数字:Dと(i)、(l)、または(m)の文字列の並置。 (s)900から999までの数字:CMの並置と(a)、(b)、(c)、(d)、(e)、(f)、(g)、または(h)の文字列。 (t)1000から1999までの数字:Mと(a)、(b)、(c)、(d)、(e)、(f)、(g)、(h)、 (i)、(l)、(m)、(n)、(o)、(p)および(s)。 (u)2000から2999までの数字:Mと(t)の文字列の並置。 (v)3000から3999までの数字:Mと(u)の文字列の並置。これらの数字は現在、数十のコンポーネント(ページ、世紀、月)を持つシーケンスの一部であるエンティティの序数を示すために使用されています。 、時間、支配者、教皇、他の王朝のメンバー、...)。これらは、特にエピグラフで年を示すためにも使用されます。ローマ数字で時刻を表示する時計の中には、4時を示す数字が、IVではなくIIIIの記号でグラフィカルに表示されることがあります。したがって、現在でも使用されている中世のローマではなく、古代ローマの手書きに倣っています。習慣は実際的な理由から生じます:公共時計の最初のメーカーは実際に必要な記号をマージすることができましたX、V、5つのIを備えた型を4回使用して文字盤を設定し、IV表記を使用した場合、17のI、5つのV、4つのXを備えた単一のより複雑な型を使用する必要がありました。時代の建物の日付の特定の碑文は、ミラーリングされたバージョン(Ɔ)でIの後にCが続くことによって番号D(500)の書き込みを見つけることが可能な場合があります。同様に、M(1 000)は、アンシャル体(CIƆ)のMと同様に、CとIによって形成され、その後にミラーリングされたCが続く場合があります。これは、数字自体のスペルを分析することでわかるように、ローマ数字が元々次のように構成されていたという事実によるものです。 50は、横方向にカットされたCの半分です。D500もIƆとして描画されます。それは実際には、縦に半分にカットされた上記の1000です。

特殊なケース

「標準」形式は、説明されているように、慣例により広く受け入れられていますが、ローマ、特に中世と現代では、いくつかの選択肢が広がっています。ローマの碑文の中には、特に正式な文脈で、 IV(4)およびIX

Original article in Italian language