おおぐま座(A 5323)

Article

May 21, 2022

Orsa Maggioreは海軍のレーシングヨットであり、海軍の訓練機関に有利な訓練活動に使用され、海軍最大の帆船です。

プロジェクト

Orsa Maggioreは、ケッチリグを備えた海洋レーシングヨットで、舵の前にミズンマストがあり、そのジャンルでは完全にユニークで、1994年にヴェネツィアのテンカラ造船所で建造され、発売されました。有名なヨットデザイナーのアンドレア・バリチェッリによって設計されたイルモロディベネチアとマスカルツォーネラティーノを含みます。船体はカーボン、ケブラー、グラスファイバーの複合材料でできていたため、船体の構造は以前の木製の船体よりも軽量であり、同時にはるかに耐性があり、その設計が行われた年月の間、明らかに革新的でした。

歴史

ボートは、すべての海と風の条件で、惑星のすべての海と海でのナビゲーションで最大の安全性を保証できるすべての機能を備えた船体を持つために、海軍から直接委託されました。OrsaMaggiore、海軍に配達されました1995年には、定期的に開催される数多くの航海イベントに加えて、イタリアおよび海外の数多くの代表的なイベントに参加しました。まず、海軍アカデミーからリヴォルノ市で開催された海軍アカデミートロフィー(TAN)です。毎年、世界中からの帆船が集まります。このユニットはCOMGRUPVELAの一部であり、サービスセンターとしてLibornoがあります。就航直後の1995年に ボートはリアルタイムでSailIndonesiaレガッタに勝ちました。1996年から1998年の間に、おおぐま座は世界中を旅しました。特に1997年に彼はブリスベン(オーストラリア)-ヌメア(ニューカレドニア)の交差点で記録を樹立し、823海里をカバーするのに3日23時間40分23秒かかりました。大西洋でのISTAレガッタは本物であり、クラスで補償されていました。2000年から2002年の間に、彼女は2回目のワールドツアーを行いました。これは、イタリア海軍の最初のセーリングボートで、世界を2回周回し、レガッタに参加しました。 2000年オリンピックの際にシドニー-ホバート、2002年4月にマイアミ-ボルチモアで、そして再び同じ年に、ブレストでのカティサーク大会で。

ノート

その他のプロジェクト

ウィキメディアコモンズには、おおぐま座に関する画像やその他のファイルが含まれています

外部リンク

marina.difesa.it、marina.difesa.itのOrsaMaggiore。

Original article in Italian language