与えた

Article

September 28, 2022

神(または神性)は、並外れた力に恵まれていると彼らが信じている男性による崇拝の対象である最高のものです。さまざまな宗教文化では、それはさまざまに呼ばれ、意味があります。そのさまざまな表現とその歴史的プロセスの研究は、宗教の科学と宗教の現象学の主題であり、神の存在、性質、経験は、神学と形而上学などのいくつかの哲学分野の反映の主題ですが、文学や芸術などの他の文化的領域にも見られますが、必ずしも宗教的実践とは関係ありません。信条が一神教であるか多神教であるかに応じて、崇拝の神の対象は1つである場合もあれば、崇拝される神が複数である場合もあります。

「神」の名前:その意味と起源

ドイツ語(Gott)、デンマーク語(Gud)、ノルウェー語(Gud)、スウェーデン語(Gud)は、古フリジア語、古ザクセン語、および中世のオランダ語のGotに関連しています。古代と中世のハイゲルマニックガットに。ゴシック腸へ; 「呼び出された」という意味で古ノルド語のガスとゴスに。Maurice O'Connell Walsheは、それをサンスクリット語-hūta、次に*ghūta(呼び出された)に関連付けます。したがって、おそらくゲーリックと古代アイルランドのガス(声)と古代ケルト*ガタス(ルート*ガット)に関連していると思われます。古代および現代ギリシャ語では、用語はテオス(Θεός;pl.Θεοίテオイ)です。起源は不明です。しかし、エミール・バンヴェニストは、彼のLe Vocabulaire des Institutionsで、インド-européennesはtheósをtheós-(常に神に関連している)に接続し、これをアルメニアの複数形dikc(「神々」)に見られる*dhēsに接続します。-kcは複数形です)。したがって、エミール・バンヴェニストの場合:«このシリーズにテオスの「神」を入れる必要がある可能性は十分にあります。そのプロトタイプは* thesosです。アルメニア語のdikc「神々」の存在は、アルメニア語のギリシャ語の語彙カップルを形成することを可能にします»。セム語の文脈では、最も古い用語は「エル」(ヘブライ語אל)であり、アッカド語のイル(m)(アッカドの楔形文字)およびカナニック語の「エル」または「イル」(フェニキア人)に対応します。 「力」の概念。ユダヤ人の宗教文学の文脈では、神が示されている名前は次のとおりです。ʾelʿElyon(「背の高い」「最高の」の意味でのエリヨン); ʾelʿOlam(「永遠の神」); エルシャダイ(暗い意味、おそらく「全能の神」); エル・ロイ(あいまいな意味、おそらく「私を見る神」)。エルベリット(「契約の神」); ʾeloah、(複数形:ʾElohim、より良いha-ʾElohimは複数形でも「真の神」です。したがって、他の宗教の神々や「生きている神」の意味を持つʾElohimḥayyimと区別する必要があります); アドナイ(「主」と表現)。ヘブライ語聖書に最も頻繁に登場する名前は、ヘブライ語の文字י(yod)ה(heh)ו(vav)ה(heh)または聖書のテトラグラマトン(ヘブライ語の文字は右から左)で構成されています。 YHWHとして、イスラエルの神の正式な名前。ユダヤ人は聖書の中で神の名前を発音することを拒否します、たとえば、Doとして。今日のユダヤ人は、タナク(ヘブライ語聖書)を読んでいるときに、テトラグラマトン(約6000回存在)を見つけたとき、それを発音しません。イスラム教徒のアラビアの宗教文学の文脈では、神の名前はアッラー(الله)であり、他の宗教の神々のためにイラー(إله; 1つの神の場合はアルイラーイルゴッド)の一般名を予約しています。アラビア語のアッラーは、おそらくアラム語のアッラーに由来します)。イスラム教の神聖な本であるコーランの中で、至高の存在は彼の名前がアッラーとラフマーン(「慈悲深い」)であることを明らかにしています。イスラム文化は99の「神の美しい名前」(al-asmā'al-husnà)について語っています。これはいわゆる授かった名前を形成し、世界のイスラム地域で豊富に使用されています。 Rahīm、 'Abdal-Jabbār、または'AbdAllāh自身、Mahādevī(大女神)とともに、単一の女性の神性が顕現に他ならない、原始的で宇宙的な女性の原理を示す用語。イスラム以前のイランの宗教文化では、使用されている用語は、サンスクリット語のアスラに対応するアヴェスター語のアフラ(「主」)です。ゾロアスター教の一神教の唯一の神であるアフラ・マズダー(ペルシャの「賢明な主」اهورامزدا)の名前を取得しました。「神」の漢字は神(シェン)です。それは、示(今日の「見せること

Original article in Italian language