ブラマンティーノ

Article

August 14, 2022

ブラマンティーノ(ミラノ、1465年頃-ミラノ、1530年)として知られるバルトロメオスアルディは、ロンバルディアで活躍したイタリアの画家兼建築家でした。すでにヴァザーリの生涯でブラマンティーノと呼ばれているバルトロメオ・スアルディは、ロンバードの形でブラマンテの記念碑を作り上げ、希少で厳しい古典主義の表現に到達しました。

バイオグラフィー

アルベルト・スアルディとペトリーナ・ダ・スルビアーテの息子である彼は、1480年12月8日に父親を失い、ミラノでひどい貧困の中で暮らしていました。その年以来、彼は金細工職人フランチェスコ・デ・カセリスの見習いであり、支払う権利はありません。1490年の日付の文書は、シスター・カテリーナの持参金を提供するというバーソロミューの約束を報告しています。家族の長としての彼の地位に基づいて、生年月日は1465年頃にさかのぼります。現時点では、彼はポルタヌオーヴァのミラノ地区に住んでいるようです。1494年に、ジャン・ガレアッツォ・マリア・スフォルツァ公爵に宛てた、妹の持参金の支払いを延長できるようにするという彼の請願が証明されました。翌年、彼はサンバルトロメオの教区の家に引っ越しました。2月23日とその後1503年6月に彼は他の芸術家と一緒に働いた、ミラノ大聖堂の北側のドアのデザインを手がけ、トリヴルツィオのタペストリーの漫画に取り組みました。1504年に彼はエリザベッタデッラキエサと結婚し、娘のジュリアと結婚しました。1507年12月、彼はサンバビラ教区近くのポルタオリエンターレ地区に住んでいました。1508年、彼はおそらく1年そこに留まり、ローマにいます。12月4日にバチカンでまだ行われていない絵画の代金が支払われ、メロッツォダフォルリの最近のフレスコ画を見る機会があります。方法は彼に痕跡を残します。この点に関して、ヴァザーリはブラマンティーノに次のように書いています。1509年12月10日、ミラノで公証人がこれを証言しました。翌年、彼は現在ブレラで磔刑に取り組んでいます。1511年に彼は1519年1月19日からジャンジャコモトリヴルツィオの遺跡を収容する霊廟を設計しました。1519年5月15日に彼はベルナルディーノデコンティと一緒にメンバーでした。ミラノ大聖堂の木製モデルの調査を担当する委員会のアントニオ・ダ・ロナーテ、ジョヴァンニ・ディ・アゴスティーノ、ゼナーレ。1524年まで、ブラマンティーノがサンテウフェミア教会のマギ礼拝堂で失ったフレスコ画に対して受け取った支払いが証明されています。1525年1月22日、彼はスフォルツァの党派としてミラノからヴァルディスーサに追放されました。2月22日に戦ったパヴィアの戦いでフランス軍が敗北した後、彼は街に戻った。1525年5月1日、彼はフランチェスコ2世スフォルツァ公爵から画家兼建築家に任命されました。彼は1530年1月2日から9月11日までの間に亡くなりました。1524年まで、ブラマンティーノがサンテウフェミア教会のマギ礼拝堂で失ったフレスコ画に対して受け取った支払いが証明されています。1525年1月22日、彼はスフォルツァの党派としてミラノからヴァルディスーサに追放されました。2月22日に戦ったパヴィアの戦いでフランス軍が敗北した後、彼は街に戻った。1525年5月1日、彼はフランチェスコ2世スフォルツァ公爵から画家兼建築家に任命されました。彼は1530年1月2日から9月11日までの間に亡くなりました。1524年まで、ブラマンティーノがサンテウフェミア教会のマギ礼拝堂で失ったフレスコ画に対して受け取った支払いが証明されています。1525年1月22日、彼はスフォルツァの党派としてミラノからヴァルディスーサに追放されました。2月22日に戦ったパヴィアの戦いでフランス軍が敗北した後、彼は街に戻った。1525年5月1日、彼はフランチェスコ2世スフォルツァ公爵から画家兼建築家に任命されました。彼は1530年1月2日から9月11日までの間に亡くなりました。

絵描き

主にブラマンティーノに起因する最初の作品は、ボストン美術館のマドンナとチャイルドで、1485年頃までデータがあります。画家はブティノーネのやり方に近いように見えます-ロンギがそれを彼に帰するほどです-そして特にミラノのゲッサテにあるサンピエトロ教会の彼のフレスコ画に。トレビリオの画家とブラマンティーノの見習いは、彼の絵のフォッペスクとフェラーラのルーツを説明するので、批評家によって非常に可能性が高いと考えられています。一方、ロンバードの風景では、「塔、寺院の切妻、鐘楼、バサイティにふさわしい薄い層状の霧で覆われ、厳密な視点を裏切っています...まだ部分的でローカルですが、すぐになります発明全体

Original article in Italian language