Tobishima, Yamagata

Article

September 28, 2022

飛島は、日本の山形県酒田市の一部である日本海に位置する人が住む島です。面積2.75km²の島には、2005年の時点で275人の住民がいます。島には空港がなく、通常、本土の坂田市へはフェリーでアクセスできます。島民は主に商業漁業と季節の観光に依存しています。

地理

トビシマは約3キロメートル(1.9マイル)×1キロメートル(0.62マイル)です。本州の西39キロメートル(21 nmi)に位置しています。最高点は68メートル(223フィート)の高森山(高森山)です。島はほぼ平坦で、東海岸から西海岸に向かって緩やかに上昇しています。西海岸は急な崖が特徴です。したがって、港湾施設は東海岸にあり、人口の大部分と並んでいます。暖かい対馬海流の影響により、島の年間平均気温は12°Cと比較的穏やかです。10cmの降雪でもまれです。島は、ヒサカキを含む常緑の落葉樹で覆われています。

重要野鳥生息地

トビシマは約270種の渡り鳥にとって重要な場所です。近隣にあり、はるかに小さいオシャクジマは、ウミネコのコロニーでバードライフインターナショナルによって重要野鳥生息地(IBA)として認識されています。

歴史

飛島には数千年の歴史があり、縄文時代初期から6000〜7000年前の考古学的発見があります。平安時代後期には、安倍氏、清原氏が島を支配していました。江戸時代には、庄内藩の酒井氏の所有物の一部であり、北前船の沿岸貿易船の港でした。1950年4月の時点で、飛島の村、したがって島は山形県酒田市に併合されました。

参考文献

国家地理空間情報局(NGIA)。Prostar Sailing Directions 2005 JapanEnroute。Prostar Publications(2005)。ISBN 1577856511

外部リンク

公式ホームページ

Original article in language