すし

Article

August 13, 2022

寿司(すし、寿司、鮨、鮓、[sɯɕiꜜ]または[sɯꜜɕi]と発音)は、伝統的な日本料理で、通常は砂糖と塩を加え、さまざまな材料を添えた酢飯(鮨飯、寿司めし)です。 (ねた、ねた)、シーフード、多くの場合生、野菜など。寿司のスタイルや見た目はさまざまですが、重要な要素の1つは、しゃり(しゃり)または酢飯とも呼ばれる「寿司飯」です。寿司は、伝統的に中粒の白米で作られていますが、玄米または短粒米で作ることができます。イカ、ウナギ、ブリ、サーモン、マグロ、カニの模造肉などのシーフードを使って調理されることがよくあります。多くの種類の寿司は菜食主義者です。生姜のピクルス(ガリ)、わさび、醤油と一緒に出されることがよくあります。大根や大根の酢漬けが人気の付け合わせです。寿司は、薄くスライスした生の魚や時には肉で構成される日本料理の関連料理である刺身と混同されることがあります。

歴史

なれずしと呼ばれる料理は、一度に数ヶ月間発酵米に保存され、生の魚に米を適用する日本の慣習の初期の影響の1つとして挙げられています。魚は米酢、塩、米で発酵させた後、ご飯を捨てました。このプロセスは、中国の新石器文化における米の初期の家畜化にまでさかのぼることができます。他のアジアの米文化における同様の論理に従った発酵方法には、プラホック(ប្រហុក)、プララ(ปลาร้า)、ブロンイスダ、シッケ(식해)が含まれます。甘酒。米の乳酸発酵は魚の腐敗を防ぎます。弥生時代に水田稲作が導入されると、梅雨の時期には湖や川が氾濫し、水田に魚がとらえられていました。漬物は余分な魚を保存し、次の月の食糧を保証する方法であり、なれずしは日本の消費者にとって重要なタンパク質源になりました。寿司という用語は文字通り「酸っぱい味わい」を意味し、形容詞動詞酸いスイ「酸っぱい」の時代遅れのし(shi)終末形の活用形である酸し寿司に由来します。全体的に酸味とうま味、または香ばしい味がします。なれずしは、特に滋賀県の鮒寿司として、地域の特産品として今も存在しています。室町時代(1336〜1573)になれずしの調合に酢が加えられ、味と保存の両方が向上しました。ご飯の酸味を増すだけでなく、酢は料理の寿命を大幅に延ばしました。発酵プロセスが短縮され、最終的には放棄されます。原始的な寿司は大阪でさらに発展し、数世紀にわたってそれはオシズシまたは「ハコズシ」になりました。この準備では、シーフードと米を木製(通常は竹)の型でプレスして形を整えました。江戸時代(1603〜1868)になって初めて、酢飯とのりに新鮮な魚が出されました。今日の握り寿司の特別なスタイルは、1820年代または1830年代に江戸(現代の東京)で人気を博しました。握り寿司の起源の一般的な話の1つは、両国の彼の店で1824年に技術を発明または完成させたシェフの華屋与兵衛(1799–1858)です。江戸前(江戸または東京湾)で獲れたての魚を使った料理で、もともとは江戸前寿司と呼ばれていました。オックスフォード英語辞典に記載されている英語での寿司の最初の書面による言及は、1893年の著書「日本のインテリア」にあります。寿司は「魚、海藻、またはその他の風味の冷たいご飯のロール」と呼ばれています。ジェームズ・ヘップバーンの1873年からの日英辞書には寿司についての以前の言及があり、ジャーナルNotes andQueriesには1879年の日本料理に関する記事があります。ジェームズ・ヘップバーンの1873年からの日英辞書には寿司についての以前の言及があり、ジャーナルNotes andQueriesには1879年の日本料理に関する記事があります。ジェームズ・ヘップバーンの1873年からの日英辞書には寿司についての以前の言及があり、ジャーナルNotes andQueriesには1879年の日本料理に関する記事があります。

タイプ

すべての種類の寿司に共通する材料は、酢飯です。詰め物、トッピング、調味料、調味料は大きく異なります。連濁子音交替のため、握り寿司のように、接頭辞を付けると、寿司はsuではなくzuで発音されます。

Chirashizushi

ちらし寿司(ちらし寿司、「散らし寿司」、バラズシとも呼ばれます)は、ボウルにご飯を入れ、その上にさまざまな生の魚や野菜の付け合わせを添えます。それはいっぱいで、速くて簡単に作れるので、それは一般的に食べられます。毎年3月のひなまつりと5月のこどもの日で食べられます。江戸前ちらし寿司は、未調理の具材を巧みにアレンジしてお召し上がりいただけます。ゴモクズシ(関西風寿司)は、炊飯または未調理の材料をご飯の本体に混ぜたものです。酒寿司は酢の上に酒を使って炊飯し、エビ、鯛、タコ、椎茸、たけのこ、細切りオムレツをトッピングします。

Inarizushi

稲荷寿司は、通常、寿司飯だけを詰めた揚げ豆腐のポーチです。稲荷寿司は神道の神稲荷にちなんで名付けられたと物語は語っています。稲荷の使者である狐は揚げ豆腐が好きだと考えられており、稲荷寿司のロールは狐の耳に似た角を尖らせています。地域のバリエーションには、薄いオムレツで作られたポーチがあります。 、chakin-zushi)豆腐の代わりに。揚げ豆腐を巻いた稲荷巻きと混同しないでください。コーン寿司は、ハワイ原産の稲荷寿司の一種で、サヤインゲン、ニンジン、ゴボウをご飯と一緒に、三角形の油揚げで包んだものです。おかず屋やお弁当の部品としてよく売られています。

巻き寿司

巻き寿司、巻き寿司、海苔巻き、海苔巻き、他の料理にも一般的に使用される巻き物、巻物は、巻き寿司の助けを借りて形成された円筒形のピースです。巻き簾と呼ばれる竹マット。巻き寿司は一般的に海苔で包まれていますが、薄いオムレツ、大豆紙、きゅうり、紫蘇の葉で包まれていることもあります。巻き寿司は通常6〜8個にカットされ、1回の巻き注文になります。以下は一般的な巻き寿司の種類ですが、他にもたくさんの種類があります。太巻き(太巻、「太巻き、太巻き、太巻き」)は大きな円筒形で、通常は外側に海苔が付いています。典型的な太巻きは、直径5〜6センチメートル(2〜2 + 1⁄2インチ)です。彼らはしばしば2、3、補完的

Original article in language