修験道

Article

September 28, 2022

修験道(修験道、lit。「Way [of] Trial [&] Practice」、「Way of Shugen、またはGen-practice」)は、高度に同期した宗教であり、平安時代の日本で始まった禁欲的な慣習の集まりです。 、7世紀に、地元の民間信仰の慣習、修験道の山岳崇拝、仏教から引き出された信念、哲学、教義、儀式システムの融合から発展してきました。修験道の最終的な目的は、修験者が急な山脈を歩きながら宗教的な訓練を行うことで、超自然的な力を見つけ、自分自身と大衆を救うことです。施術者は修源者または山伏(山伏、文字通り「山伏」)と呼ばれます。秀玄庵が修行した山々は日本全国にあり、八経ヶ岳や大峰山など、大峰山脈のさまざまな山々が含まれます。修験道の世界観には、神々の大きなパンテオン(仏教や神道の人物を含む)が含まれています。最も重要な人物のいくつかは、不動明王と円成寺大日如来の密教の人物です。他の重要人物は権現であり、これは日本の神としての仏の現れであると考えられています。修験道で最も重要な権現の1つである蔵王権現。Zaō Gongen (蔵王権現) one of the most important gongen in Shugendō.Zaō Gongen (蔵王権現) one of the most important gongen in Shugendō.

歴史

修験道は、7世紀に、地元の民間信仰の慣習、神道の山の崇拝、仏教から引き出された信念、哲学、教義、儀式システムの融合から発展しました。 7世紀の禁欲的で神秘的な役小角は、修験道を教義として最初に組織した修験道の家長と広く見なされています。修験道とは、文字通り「修行と修行の道」または「規律による精神力への道」を意味します。修験道の修行者は、8世紀と9世紀の高野聖僧の子孫とも言われています。9世紀から、真言宗や天台宗などの密教の要素が修験道に取り入れられ、さらに発展しました。平安時代には、京都に住む貴族の間で熊野神社(三大神社、修験道、神道、仏教の共通の聖地であった熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)は、神道と仏教の間に障壁を築いた明治政府が、修験道の融合により容認できないとの判決を下しました。修験道は、第二次世界大戦後の日本での宗教の自由の到来とともに、南北に100 kmにわたって伸び、吉野と熊野を結ぶ大峰山脈が歴史的に最大でした。修験道の練習場。大峰山脈の最高峰は標高1915mの八経ヶ岳で、登山道沿いには75か所の修行所があります。標高1719mの大峰山頂上にある大峯山寺は修験道の最高峰と言われています。現在、大峰山地はユネスコ世界遺産の「紀伊山地の聖地と巡礼路」と吉野熊野国立公園に指定されています。現代では、修験道は天台と真言宗を中心に行われています。吉野町の金峯山寺、出羽三山神社、京都の醍醐寺などがあります。吉野町の金峯山寺、出羽三山神社、京都の醍醐寺などがあります。吉野町の金峯山寺、出羽三山神社、京都の醍醐寺などがあります。

練習

三宅仁によると、修験道の儀式には「お祭り、占い、占い、祈りと呪文、悪魔払い、呪文、魅力など」が含まれます。ひとしは、修験道の実践に情報を与える主要な世界観を、少なくとも2つの存在領域、つまり人間の日常生活の存在と、その背後にある別個の超自然的な精神的領域の存在を想定し、日常生活のそれを制御するものとして説明します。人間の。山々は、これらの両方の世界の一部である神聖な空間として見られるか、実際には霊界の一部であるように見えます。火の祭りの祭壇やまつりのエリアも、このような神聖な空間とされています。密教の神、不動明王(サンスクリット語:不動明王、「動かせない」)修験道宇宙論の実践において中心的な役割を果たしています。もう一つの重要な仏陀は円成寺大日如来です。修験道のパンテオンには、他にも多くの仏教徒、神道、地元の宗教家が含まれています。修験道の最も重要な実践は「山での実践」(修行修行、入峰修行)です。修験道では、神聖な山々は多くの神​​々の超自然的な家として、そして宇宙全体の象徴として見られています。ひとしによれば、「これらの儀式の両方を形成する中心的な要素は、中心的な神である不動明王と同一の状態で示される象徴的な行動です」。不動明王の精神力の主な源泉は不動明王であると一般に理解されており、不動明王は山岳の修行を通じて不動明王の力を利用する能力を獲得しています。三宅仁によると、山の修行には主に3つの形態があります。「山は曼荼羅のような神聖な場所。」 「一定期間山に入る」山伏が様々な修行をし、秘教の知識と印心を受ける一種の山の隠れ家。最も厳しくて進んだnyūbuは、山での冬の隠れ家です。これは特別な精神的な力を与えると言われています。修験道の修験道は修験道と呼ばれ、修験道の伝統に特有のものです(ただし、密教の灌頂儀式に基づいています)。もう一つの重要な修験道の実践は、魔法と精神の力(幻術、宣言術)のデモンストレーションです。そのような展示には、火の散歩、剣の上を歩く、沸騰したお湯に入るなどがありますが、修験道のもう1つの重要な宗教的慣習は、修験道の神(不動明王や蔵王など)への供物を含むさまざまな儀式または崇拝の儀式(kuyōhō、供養法)です。修験道の修験者は、新藤祭(まつり、祭)に参加し、神に供物をします。修験道の一部である他の慣行には、次のようなものがあります。 (fujutsu)神が所有している媒体を介してオラクルを取得する(yorikitō、憑応禱)不幸を回避するための火の儀式(sokusai goma)、通常、不動明王を中心に特定の目的のために呪文(カジ)を使用します。癒し、出産、保護などに使用される呪文と魅力(不動、マジナイ)。これらはお守りに刻まれているかもしれません。癒しを目的とした悪魔払い稲荷のような日本の神、そして大黒。仏陀やみだ、菩薩門寿、国蔵、観音、弁財天などのインドの神、稲荷のような日本の神、大黒など、特定の神(庄孫坊、諸尊法)に関連する祈りや儀式。仏陀やみだ、菩薩門寿、国蔵、観音、弁財天などのインドの神、稲荷のような日本の神、大黒など、特定の神(庄孫坊、諸尊法)に関連する祈りや儀式。

も参照してください

回峰行密教ミラレパ羽束山比叡山大峰山陰陽道即身仏

参考文献

参考文献

外部リンク

関東の中央修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道修験道富士山と修験道修験道日本の仏教と神道の記事:A-to -日本の宗教彫刻と芸術修験道のZ写真辞書-日本の歴史データベース

Original article in language