山の崇拝

Article

September 28, 2022

山崇拝(算額真子、英語:山崇拝)は、山を神聖で崇拝の対象と見なす信仰です。

説明

人々は山から流れる川と山のふもとに広がる森にすべての食料、衣類、避難所を依存しており、彼らが見る山に絶えず恵まれています。一方、これらの信念を持っている人々は、起伏の激しい地形や自然環境のほんの少しの不注意でさえ、人命の損失につながる可能性がある環境にいます。自分の安全のための知識として受け継がれていると考えられています。

山の信仰を持つ文化圏

韓国、延辺朝鮮族チベット人満州人大和人ネパールラダックペルー

日本の山岳崇拝

日本の古神道では、水源、狩猟場、地雷、森、雄大な姿と火山への畏敬の念と畏敬の念から、山と山と森を抱く山は神の神が住む山であると信じられていますまたは下降し、時には磐座または岩坂と呼ばれ、永遠の世界(神々または神の領域の土地)の端であり、[[磐座の岩の宗派は、魂(故人の先祖の霊)が山に帰る(他には海大会やちきゅう大会など)。これらの伝統は神社にも残っており、石鎚山、諏訪大社、三輪山など、山そのものが崇拝されることもあります。農村地域では、山の神は春に村に降りて田の神になり、秋の収穫後、水源として山に戻ると信じられています。仏教でも世界の中心に住山と呼ばれる高山がそびえ立つとされ、空海が高野を、最澄が比叡山比叡を築き、山への畏敬の念がさらに深まりました。これが平野でも仏教寺院に三郷寺がある理由です。チベット仏教では、神聖な山も崇拝の対象ですが、信仰は山そのものに捧げられており、山に登ることはしばしば禁じられていると考えられています。一方、日本では山頂に到達することが重要とされていることは注目に値します。日本では、山の頂上に到達することが重要であると考えられていることは注目に値します。もちろん、アニミズムとしての太陽崇拝は山の崇拝と関連しています。その後、密教と道教の子孫である修源者と山伏は、平凡な世界から切り離されて悟りを開くために、山の奥深くに禁欲主義を実践しました。これは後に修験道と呪文のような宗教を生み出しました。

主な形態

日本の山岳崇拝の主な形態は次のように要約することができます。

火山への信念

富士山、阿蘇山、鳥海山などの火山は、火山の噴火を恐れて神々を持っていると考えられています。

水源としての山への信念

白山など、周辺地域を豊かにする水源となる山への信仰。

死者の霊が集まると言われる山への信仰

日本には恐山、月山、立山、熊野三山など、死後の霊が行くと信じられている山が多く、崇拝の対象となることもあります。

神聖な霊がいると言われている山への信仰

豊前国の三輪山は宇佐神宮の内宮、大神神社であり、大神山は役小角によって創建されたと言われています。祖母山]]は、文豪国と日向国の国境に位置し、古事記、日本書紀、皇帝によると、7世紀半ばから山頂に上神社、山麓に8神社があります。山陽子彦神話と海代子彦神話に登場する神武天皇の祖母、豊田間姫も岡見家系と言われています。

修験道の誕生

日本では、山の崇拝が古代の神道や仏教(特に天台宗や真言宗などの密教)への信仰と組み合わされて、「修験道」と呼ばれる独特の宗教が生まれたことは特筆に値します。修験道は、修行によって吸収された山の精神的な力を人々に与える習慣であり、翔鶴によって設立されたと言われています。

Original article in language