岩木山

Article

September 28, 2022

岩木山(岩木山、岩木山)は、東北地方の青森県西部にある成層火山です。津軽富士とも呼ばれますが、岩木山に似た形をしていることから、奥富士と呼ばれることもあります。山頂の標高は1,625メートル(5,331フィート)、標高は1,322メートル(4,337フィート)で、青森県で最も高い山です。岩木山は、登山家で作家の深田久弥による1964年の著書に、日本の有名な100の山の1つとして記載されています。山とその周辺は津軽国定公園の境界内にあります。

名前

「岩城」という名前の由来については、さまざまな説があります。 2つは、その名前がアイヌの起源であると考えています。1つは、アイヌから来ているということです。 :岩明。さらに別の理論では、岩木という名前は「石の城」石の城(石の城)の古風な言い方です。岩木山と呼ばれるだけでなく、この山は広く「津軽富士」とも呼ばれています。岩木山に似た円錐形であるため、しばしば「奥富士」(奥富士、北富士)。また、1805年にアダム・ヨハン・フォン・クルセンシュテルンがロシア初の世界一周を行った際に、ドイツの博物学者であるウィルヘルム・ゴットリーブ・ティレジウス・フォン・ティレナウに敬意を表して「ピーク・ティレジウス」と呼ばれました。この名前は1858年までに西洋人の間で使用されなくなり、そのネイティブ名が支持されました。

地理的な設定と説明

山頂の標高は1,625メートル(5,331フィート)で、岩木山は青森県で最も高い山であり、その麓の平野から1,322メートル(4,337フィート)の高さにあります。ピークは津軽中央の南南西18.2キロメートル(11.3マイル)と弘前中央の西北西14.8キロメートル(9.2マイル)です。

地質学

岩木山は、津軽半島の麓の平野から比較的孤立して隆起している、ほぼ対称的な安山岩質の成層火山です。その頂上火口は幅2キロメートルで、西側と南側に3つの溶岩ドームがあります。山は歴史的に頻繁に活動しており、江戸時代の小規模から中程度の水蒸気爆発からなる非常に頻繁な活動があります。火山の最後の噴火は1863年3月23日でした。弘前大学は1981年以来、山に18の遠隔測定ステーションを備えた天文台を維持しています。

野外レクリエーション

クライミング

岩木山の頂上は1625メートルで、ハイキングでしか行けませんが、ハイキングの長さと所要時間はルートによって異なります。岩木山神社から頂上までハイキングするのに約4時間かかります。歩道は神社の内側から始まり、左側の大きな門の前にあります。より簡単で人気のあるルートは、有料道路である津軽岩木スカイラインをエレベーターまでたどります。スカイライン道路は岩木山南西側の青森県国道3号線から始まります。道の終わりにはチェアリフトがあります。チェアリフトの頂上から山の頂上までハイキングするのに約30〜40分かかります。

も参照してください

参考文献

外部リンク

「岩木山:日本の活火山の全国カタログ」(PDF)。-気象庁岩木山-スミソニアン協会:グローバル火山活動プログラム

Original article in language