宝永山

Article

May 23, 2022

宝永山(宝永山、宝永山)は、静岡県の富士山の南東側にある側火山です。1707年から1708年にかけて富士山の宝永大噴火が起こった結果として出現しました。標高は海抜2,693メートルで、宝永時代にちなんで名付けられました。富士山に比べて、宝永山は登りやすく、同時に富士山の壮大さを楽しむことができます。

も参照してください

富士山

参考文献

Original article in language