鳥海山

Article

November 29, 2022

鳥海山(鳥海山、鳥海山、鳥海山)は、東北地方の秋田と山形の南の国境に位置する活火山で、高さは2,236 m(7,336フィート)です。(ほぼ)対称的な形と巨大なサイズのため、視聴者の場所に応じて、出羽富士、秋田富士、庄内富士としても知られています。日本の100の有名な風景の1つであることに加えて、それは日本の100の有名な山の1つ、そして日本の有名な100の地理的特徴としても含まれています。鳥海国定公園に囲まれています。日本の国定史跡でもあり、神道修験道の信者からは神聖な山とされ、ハイカーに人気があります。

概要

鳥海山は、玄武岩または安山岩を主成分とする新旧2つの火山からなる複雑な成層火山です。鳥海山は秋田県の2市町村と山形県の4市町村で共有されています。しかし、そのピークは国境の山形側の遊佐にあります。そのため、山形で最も高い峰であり、燧ヶ岳(標高2,356m)に次ぐ東北地方で2番目に高い峰です。秋田県内の鳥海山の標高は標高1,775メートルで、秋田県でも最も高い山です。山頂からは北に白神山地と岩木山、南に佐渡島、東に太平洋が見えます。山の南側には「こころ雪慶」があります。」では、夏でも「心」の漢字の形をした雪が残り、山頂の一部には多年生の雪があり、最近では氷河作用の地質学的証拠があります。鳥海山の在来種には、チョウチョウウオやチョウチョウウオなどがあります。

噴火

鳥海山はとても活発な山です。既知の主要な噴火が発生しました:紀元前466年に山頂の大規模な崩壊を引き起こします(年輪年代学に基づく)810AD噴火の記録は824まで続きます。840AD噴火。871 AD噴火と火山爆発指数を伴う溶岩流:VEI 2 939AD噴火1560AD噴火1659-1663AD噴火1740-1741AD噴火1800-1801AD蒸気爆発、溶岩流、新しい溶岩ドームの形成:8人が死亡821噴火が記録されました。1834AD噴火1971AD噴火1974AD蒸気爆発、小さな泥流。火山爆発指数:VEI 1

歴史

鳥海山は古くから山岳崇拝の対象となってきました。平安時代から修験道の修行場となり、薬師如来の化身となりました。南から頂上への巡礼路がありました。江戸時代中期、山には多くの巡礼者が集まり、その麓には33の礼拝堂があり、北には山頂への追加ルートが開かれていました。日本海の飛島はもともと鳥海山の頂上にあったという伝統もあります。鳥海山にちなんで名付けられたのは、初期の蒸気砲船である鳥海山と、日本帝国海軍に所属していた鳥海巡洋艦鳥海(1944年に沈没)と、現在こんごう型護衛艦であるJDS鳥海です。日本海上自衛隊での勤務。

も参照してください

日本の火山のリスト

参考文献

外部リンク

長海山-気象庁(日本語)「長海山:日本の活火山の全国カタログ」(PDF)。-気象庁長海山-スミソニアン協会:グローバル火山活動プログラム東北観光ホームページhttps://www.thehiddenjapan.com/mtchokai-英語情報

Original article in language