日本円

Article

May 23, 2022

円(日本語:円、記号:¥、コード:JPY、略してJP¥)は日本の公式通貨です。これは、米ドルとユーロに次いで、外国為替市場で3番目に取引されている通貨です。また、米ドルやユーロに次ぐ第3の準備通貨としても広く利用されています。円の概念は、19世紀後半の明治政府の日本経済の近代化プログラムの構成要素であり、ヨーロッパの10進通貨システムをモデルにして、全国で統一通貨を追求することを前提としていました。明治維新以前は、日本の封建領地はすべて、相容れない宗派の列で自分のお金、はんさつを発行していました。 1871年の新貨条例はこれらを廃止し、1.5 g(0.048トロイオンス)の金として定義される円を確立しました。または、新しい10進通貨として、24.26 g(0.780トロイオンス)の銀。前漢(領地)は都道府県とそのミントの民間公認銀行になり、当初はお金を印刷する権利を保持していました。この状況を終わらせるために、日本銀行は1882年に設立され、マネーサプライの管理を独占しました。第二次世界大戦後、円は戦前の価値の多くを失いました。日本経済を安定させるため、ブレトンウッズ体制の一環として、円の為替レートは1米ドルあたり360円に固定されました。そのシステムが1971年に放棄されたとき、円は過小評価され、変動することが許されました。円高は1973年に1米ドルあたり271円をピークに、その後1973年の石油危機により減価と高騰を繰り返し、1980年までに1米ドルあたり227円に達した。1973年以降、日本政府は通貨介入政策を維持しており、したがって円は「ダーティフロート」体制下にあります。日本政府は競争の激しい輸出市場に焦点を当て、貿易黒字を通じて円の低い為替レートを確保しようとしました。 1985年のプラザ合意は一時的にこの状況を変えました。為替レートは1985年の1米ドルあたりの平均239円から1988年には128円に下がり、1995年には米ドルに対して80円のピークレートになり、実質的に価値が上昇しました。米ドルベースでの日本のGDPのほぼ米国のそれへの。しかし、それ以来、世界の円高は大幅に下落しています。日本銀行はゼロ金利からほぼゼロ金利の政策を維持しており、日本政府はこれまで厳格なインフレ抑制政策をとっていました。したがって、円は「ダーティフロート」体制下にあります。日本政府は競争の激しい輸出市場に焦点を当て、貿易黒字を通じて円の低い為替レートを確保しようとしました。 1985年のプラザ合意は一時的にこの状況を変えました。為替レートは1985年の1米ドルあたりの平均239円から1988年には128円に下がり、1995年には米ドルに対して80円のピークレートになり、実質的に価値が上昇しました。米ドルベースでの日本のGDPのほぼ米国のそれへの。しかし、それ以来、世界の円高は大幅に下落しています。日本銀行はゼロ金利からほぼゼロ金利の政策を維持しており、日本政府はこれまで厳格なインフレ抑制政策をとっていました。したがって、円は「ダーティフロート」体制下にあります。日本政府は競争の激しい輸出市場に焦点を当て、貿易黒字を通じて円の低い為替レートを確保しようとしました。 1985年のプラザ合意は一時的にこの状況を変えました。為替レートは1985年の1米ドルあたりの平均239円から1988年には128円に下がり、1995年には米ドルに対して80円のピークレートになり、実質的に価値が上昇しました。米ドルベースでの日本のGDPのほぼ米国のそれへの。しかし、それ以来、世界の円高は大幅に下落しています。日本銀行はゼロ金利からほぼゼロ金利の政策を維持しており、日本政府はこれまで厳格なインフレ抑制政策をとっていました。日本政府は競争の激しい輸出市場に焦点を当て、貿易黒字を通じて円の低い為替レートを確保しようとしました。 1985年のプラザ合意は一時的にこの状況を変えました。為替レートは1985年の1米ドルあたりの平均239円から1988年には128円に下がり、1995年には米ドルに対して80円のピークレートになり、実質的に価値が上昇しました。米ドルベースでの日本のGDPのほぼ米国のそれへの。しかし、それ以来、世界の円高は大幅に下落しています。日本銀行はゼロ金利からほぼゼロ金利の政策を維持しており、日本政府はこれまで厳格なインフレ抑制政策をとっていました。日本政府は競争の激しい輸出市場に焦点を当て、貿易黒字を通じて円の低い為替レートを確保しようとしました。 1985年のプラザ合意は一時的にこの状況を変えました。為替レートは1985年の1米ドルあたりの平均239円から1988年には128円に下がり、1995年には米ドルに対して80円のピークレートになり、実質的に価値が上昇しました。米ドルベースでの日本のGDPのほぼ米国のそれへの。しかし、それ以来、世界の円高は大幅に下落しています。日本銀行はゼロ金利からほぼゼロ金利の政策を維持しており、日本政府はこれまで厳格なインフレ抑制政策をとっていました。為替レートは1985年の1米ドルあたりの平均239円から1988年には128円に低下し、1995年には米ドルに対して80円のピークレートになり、米ドルベースでの日本のGDPの価値は実質的にほぼそれまで上昇しました。アメリカ合衆国の。しかし、それ以来、世界の円高は大幅に下落しています。日本銀行はゼロ金利からほぼゼロ金利の政策を維持しており、日本政府はこれまで厳格なインフレ抑制政策をとっていました。為替レートは1985年の1米ドルあたりの平均239円から1988年には128円に低下し、1995年には米ドルに対して80円のピークレートになり、米ドルベースでの日本のGDPの価値は実質的にほぼそれまで上昇しました。アメリカ合衆国の。しかし、それ以来、世界の円高は大幅に下落しています。日本銀行はゼロ金利からほぼゼロ金利の政策を維持しており、日本政府はこれまで厳格なインフレ抑制政策をとっていました。日本銀行はゼロ金利からほぼゼロ金利の政策を維持しており、日本政府はこれまで厳格なインフレ抑制政策をとっていました。日本銀行はゼロ金利からほぼゼロ金利の政策を維持しており、日本政府はこれまで厳格なインフレ抑制政策をとっていました。

発音と語源

円は、北朝鮮ウォンや韓国ウォンと同様に、中国人民元からの音声の読みを借りた日本語の圓(えん、en、[eɴ]; lit. "round")に由来します。もともと、中国人はsyceesと呼ばれる大量の銀を取引していましたが、スペインとメキシコの銀貨がフィリピンから到着したとき、中国人はそれらを円形の形で「銀圓」(中国語:銀圓;拼音:yínyuán)と呼びました。コインと名前は日本でも登場しました。中国人は最終的に圆に取って代わったが、圓と元、日本人は第二次世界大戦の終わりに改革で新字体の形円を与えられた同じ言葉を使い続けました。 16世紀頃に日本がヨーロッパ人に最初に出会ったとき、綴りと発音の「円」は英語では標準的です。日本語の/ e /(え)と/ we /(ゑ)はどちらも[je]と発音され、ポルトガル語の宣教師はそれらを「ye」と綴っていました。 18世紀半ばまでに、/ e /と/ we /は現代日本語のように[e]と発音されるようになりましたが、一部の地域では[je]の発音が保持されています。ウォルター・ヘンリー・メドハーストは、主に日-オランダ語辞書を調べて、日本に行ったことがなく、日本人にも会ったことがなく、英語と日本語、日本語と英語の語彙でいくつかの「e」を「ye」と綴った(1830) 。明治初期、ジェームズ・カーティス・ヘップバーンは、メドハーストに続いて、彼の日本語と英語の辞書(1867)ですべての「e」を「ye」と綴っていました。日本語では、eとiは、ロシア語のように、わずかに口蓋化されています。それは最初の本格的な日英/英語-日本語辞書でした、これは日本の西洋人に強い影響を与え、おそらく「円」というつづりを促しました。 Hepburnは、「yen」を除いて、現代の発音を反映するために、第3版(1886)でほとんどの「ye」を「e」に改訂しました。これはおそらくすでに修正されており、それ以来ずっと続いています。

歴史

序章

Original article in language