鳥海

Article

September 28, 2022

鳥海(鳥海)は、初期の大日本帝国海軍で使用されていた鉄製の船体の蒸気砲艦でした。彼女は4隻のマヤクラスで2隻目の完成船であり、山形県と秋田県の間にある鳥海山にちなんで名付けられました。

バックグラウンド

鳥海は、2本のネジを駆動する2つの円筒形ボイラーを備えた水平二重膨張レシプロ蒸気エンジンを備えた鉄製の船体の2本マストの砲艦でした。彼女はまた、スクーナーセールリグ用に2つのマストを持っていました。鳥海は1886年1月1日に東京の石川島平野造船所に置かれ、1887年8月20日に進水しました。彼女は1888年12月27日に完成しました。

運用履歴

鳥海は1893年10月から1894年6月まで上村彦之丼少佐が指揮した。鳥海は日清戦争で東郷正道少佐の指揮の下、韓国と大連の間を巡回し、魏海偉の戦いで役割を果たした。2月5日の夜、鳥海は愛宕との夜間作戦に参加しました。この作戦では、砲艦が港の北側の入り口を迂回として微弱に攻撃し、魚雷艇が東側の入り口から攻撃し、中国の戦艦定遠を沈め、損害を与えました。巡洋艦来遠。中国の降伏後、愛宕と鳥海は日本の占領軍の一部として魏海平に留まりました。1898年3月21日、鳥海は二等砲艦に再指定され、沿岸調査と哨戒任務に使用されました。義和団の乱の間、彼女は海軍名簿から削除され、1911年12月1日に内務省に移送され、神戸港で警察のボートとして使用されました。その後、彼女は非武装化され、1912年にスクラップとして売却されました。

ノート

参考文献

コーベット、ジュリアン卿。日露戦争1904年から1905年の海事作戦。(1994)元々分類され、2巻で、ISBN 1-55750-129-7 Chesneau、Roger、Eugene M. Kolesnik(編集者)、All The World's Fighting Ships 1860-1905、Conway Maritime Press、1979年に再版2002、ISBN 0 -85177-133-5 Jentsura、Hansgeorg(1976)。大日本帝国海軍の軍艦、1869- 1945年。海軍協会プレス。ISBN0-87021-893-X。

Original article in language