厳島神社

Article

May 23, 2022

厳島神社(厳島神社、厳島神社)は、厳島(通称宮島)にある神社で、「浮かぶ」鳥居で最もよく知られています。広島県廿日市市にあります。神社はユネスコの世界遺産に登録されており、日本政府はいくつかの建物や所有物を国宝に指定しています。厳島神社は日本で最も人気のある観光名所の1つです。神社の郊外にある劇的な門、鳥居、弥山の神聖な山頂、広大な森、そして海の景色で最も有名です。神社の複合体自体は、本社神社と別社マロド神社の2つの主要な建物と、それを区別するのに役立つ17の異なる建物と構造で構成されています。

歴史

厳島神社は安芸国の神社(一宮)であり、593年に佐伯鞍職が水子時代に建てたとされています。しかし、現在の神社は、1168年に安芸国の知事として神社の建設に多大な貢献をした著名な武将(大名)である平清盛に広く起因しています。神社のもう1つの有名な後援者は毛利元就でした。 1571年に本殿の再建を担当した長州藩の毛利元就。ただし、1555年に高房スーと戦った結果、毛利元就は島の境内を汚したと言われている。島。これは、神社が表す神聖な純粋さの厳密な概念に関連しています。不運にも、鎌倉時代から厳島神社に残っている唯一の建造物は、百電または「ゲスト神社」です。

Kiyomori

大名が「その力と素晴らしさを反映する」ために神社を建てたり、他の建築プロジェクトを引き受けたりすることは、16世紀には珍しくありませんでした。平清盛は、宋王朝との海上貿易への関与と、内海での海外貿易の独占を試みたことで特に知られています。彼は「厳島神社の本堂の建設を、航海の守護神への敬意の表れとして、そして海事活動の拠点として機能するように命じました...」宮島はすぐに平家神社になりました。清盛は、平安貴族で神道の社会規範から逸脱した人物としての地位をさらに確立するためにも、この場所を選んだのだろう。彼は厳島に大きな富を惜しまず、友人や同僚、さらには王族にその場所を見せることを楽しんだ...」清盛は、約束した老僧の夢のために神社を再建したとも言われています。彼が宮島に神社を建てた場合、彼は日本を支配し、彼の人生の成功のためにそこに祀られている神に敬意を表します。平清によって資金提供された改修により、厳島は「重要な宗教施設に成長」しました。そして、彼の人生の成功のためにそこに祀られているその神に敬意を表します。平氏が資金提供した改修により、厳島は「重要な宗教施設に成長する」ことができました。そして、彼の人生の成功のためにそこに祀られているその神に敬意を表します。平氏が資金提供した改修により、厳島は「重要な宗教施設に成長する」ことができました。

宗教的意義

厳島神社は、スサノオのミコトの3人の娘、イチキシマヒメのミコト、タギツヒメのミコト、タギツヒメのミコトに捧げられています。三条神または「三女神」としても知られるこれらの神道は、海と嵐の女神です。清盛は女神を「観音菩薩」と信じていたため、菩薩の故郷とされていました。日本語では、厳島は「神々に捧げられた島」を意味します。実際、島自体も神と見なされているため、島の郊外に神社が建てられました。その神聖さに加えて、弥山は「高さ約1,755フィート」の「最も高い山」です。観光客はハイキングするか、ロープウェイで頂上まで行くことができます。その宝物には、有名な平家道京があります。または「平家の平家によって捧げられた経」。これらは32の巻物で構成されており、その上に清盛、彼の息子、および家族の他のメンバーによってロータス、アミダ、およびハートの経典がコピーされ、それぞれが1つの巻物の書き込みを完了し、「銀、金、と真珠母[清盛]と彼の一族の他のメンバー。」もともと厳島は純粋な神社でした。「出生や死が汚染を引き起こすことは許されていませんでした。島自体が神聖であると考えられていたため、嚴島はその純粋さを維持するためにその歴史の多くを通してそこに足を踏み入れることを許されませんでした。純粋さを維持する神社は非常に重要であるため、1878年以来、神社の近くでの死や出産は許可されていません。妊娠中の女性は、出産の日が近づくにつれて本土に退却することになっています。末期の病気や、亡くなることが差し迫っている非常に高齢の女性も同様です。島への埋葬は禁止されています。巡礼者が近づくことができるように、神社は水上に桟橋のように建てられ、陸地から離れて浮かんでいるように見えました。同じ理由で、赤い入り口の門、つまり鳥居が水上に建てられました。庶民は神社に近づく前に鳥居を船で操縦しなければなりませんでした。庶民は神社に近づく前に鳥居を船で操縦しなければなりませんでした。庶民は神社に近づく前に鳥居を船で操縦しなければなりませんでした。

建築

日本は、12世紀に建てられた神社の建築を歴史を通して保存するために多大な努力を払ってきました。神社は寝殿造に基づいて設計・建設され、松島湾に桟橋のような構造が施され、島とは別の、敬虔な人が近づくことができる、水に浮かんでいるような錯覚を作り出しました。海の上の宮殿。」建築と自然が絡み合うというこの考えは、16世紀の人気の傾向と、日本の建造物が「環境を追いかける」傾向があり、木や水などの自然の美しさを取り入れることが多かった平安時代を反映しています。家や建物の装飾に。これは、2つの間のはるかに親密な関係につながりました。厳島神社の最も有名で有名な特徴は、耐腐朽性の樟脳の木で作られた高さ50フィートの朱色の樟脳門(「大門」)です。各主柱の前後に追加の脚を配置することで、鳥居は、真言宗に関連する両部神道の中世の学校である両部神道のスタイルを反映していることがわかります。鳥居は満潮時にのみ浮かんでいるようです。干潮時には島から徒歩でしか行けません。干潮時には門の近くで貝を集めるのも人気です。夜になると、海岸の強力なライトが鳥居を照らします。門は1168年から設置されていますが、現在の門は1875年にまでさかのぼります。神社建築には多くの異なる部分があり、そのほとんどに神社が含まれています。s本殿(本殿)と異常に長い拝殿(本堂)、そして同じくらい長い拝殿(提供ホール)。本殿は「檜の樹皮にキリズマの屋根が浮かぶ8×4の湾構造」です。その壁は白い漆喰で装飾されています。朱色の木工を施した白漆喰を15回塗る工程を経て造られました。本殿のはらいでんの側面からは、1590年からの能楽堂があります。能楽堂は、神々に敬意を表するために古くから使われてきました。神道の重要な出来事からの儀式の演技を通して。 2004年9月5日、台風ソンダにより神社が甚大な被害を受けました。遊歩道と屋根は部分的に破壊され、神社は修理のため一時的に閉鎖されました。今日は誰でも300円で参拝できます。本殿は「檜の樹皮にキリズマの屋根が浮かぶ8×4の湾構造」です。その壁は白い漆喰で装飾されています。朱色の木工を施した白漆喰を15回塗る工程を経て造られました。本殿のはらいでんの側面からは、159

Original article in language