富士山の噴火

Article

October 3, 2022

富士山の噴火史(富士山の噴火史、富士山の噴火史)富士山は日本で最も高い火山であり、最高峰でもあります。富士山の最近の噴火は1707年で、地震がきっかけでした。現在の山は、約1万年前に噴火し始めた「新富士火山」です。「新富士火山」の下には、10万年前から1万年前に活動した「旧富士火山」と、70万年前に活動を始めた「コミタケ火山」があります。

先史時代

コミタケとオールドフジ

富士山周辺では数百万年前から火山活動があります。最も初期の地質学的に知られている火山は、70万年前に活動を開始した御嶽山(小御嶽火山、小さな山の火山)でした。富士山の南東にある愛鷹山と呼ばれるもう1つの火山も、この期間中非常に活発でした。コミタケの頂上は、富士山の北面(5番目の駅)の海抜約2,300メートル(7,500フィート)です。コミタケは約10万年前に別の活動期間に入った。これにより、高さ3,100メートル(10,200フィート)に達するオールド富士(古富士、コフジ、オールド富士)と呼ばれる新しい火山ができました。それは大量のスコリア、火山灰、溶岩を投げ出す多くの爆発的噴火を引き起こしました。

ニューフジ

旧富士時代以降、約4、000年の活動がなく、約5、000年前に富士山が再び活動を開始しました。この時期は新富士(新富士、新富士)と呼ばれ、現在に至っています。新富士の噴火は、溶岩流、マグマ、スコリア、火山灰、崩壊、側面噴火などの現象を示し、「噴火のデパート」と呼ばれるようになりました。ニューフジの灰はしばしば黒く、地層の観点からは噴火は新しいものです。富士山の活動に関する貴重なデータは、8世紀以降の日本の歴史的文書に記録されています。それは代表的な噴火の範囲を示しています。

御殿場の泥流

約2300年前、火山の東面が崩壊し、東の足柄平野と南の三島市を横切る駿河湾まで御殿場地域にラハールが流れ落ちました。この事件は現在、御殿場泥流(御殿場泥流、御殿場土流)と呼ばれています。三島市街地と同じ広さの地域に液体の泥が堆積した。

城ガン噴火

864年(城がん6年目)に富士山の北東側で噴火があり、大量の溶岩が発生しました。864(上眼6、5ヶ月):富士山は10日間噴火し、その頂上から大量の燃えがらと灰が噴出し、江戸湾の海まで地球に戻った。多くの人々が亡くなり、多くの家が破壊されました。火山の噴火は浅間山に最も近い富士山の側で始まり、甲斐国まで燃えがらと灰を投げました。溶岩の一部は、当時存在していた剗の海(せの海)を埋め尽くし、西湖と精進湖の2つの湖に分かれていました。青木ヶ原樹海溶岩と呼ばれ、現在は青木ヶ原樹海に覆われています。

宝永大噴火

深さ20kmの玄武岩室も同様です。多くの記事が2つの地震の間に相関関係を見出し、どちらの地震もなければ宝永大噴火は起こらなかったであろうという結論に達しました。1707年11月11日(鳳凰4、10月14日):大阪市は非常に激しい地震で甚大な被害を受けました。1707年12月16日(11月23日宝栄4):富士山の噴火。燃えがらと灰は伊豆、甲斐、相模、武蔵に落ちました。この噴火は、100 km(62.137マイル)近く離れた江戸(現在の東京)までの地域に大量の火山灰とスコリアが広がったため、目覚ましいものでした。1707年11月11日(鳳凰4、10月14日):大阪市は非常に激しい地震で甚大な被害を受けました。1707年12月16日(11月23日宝栄4):富士山の噴火。燃えがらと灰は伊豆、甲斐、相模、武蔵に落ちました。

Original article in language