ハーバービューパーク(横浜)

Article

August 13, 2022

ハーバービューヒルパーク(日本語:港の範囲丘公園港の丘公園)、または通常英語で呼ばれるハーバービューパークは、横浜市中区ブラフにある公共公園です。横浜港。

概要

1859年に横浜港が対外貿易のために開港した直後、ハーバービューパークの場所は英国領事館の場所でした。 1862年から1875年の間、この場所はイギリス軍の駐屯地のキャンプの一部としても機能しました。 1937年に再建された英国領事館は、建物と周辺の庭園が横浜市に返還され、72ヘクタールの公園に変わるまで、1969年までクラウンプロパティとして使用されていました。ハーバービューヒルパークの名前は、東辰三(東辰三)の言葉と音楽を使った同名の人気曲に由来しています。彼は別の港湾都市である神戸の住人だったので、この曲は神戸に関連するものとしても知られています。ハーバービューパーク内には、バラ園、大きな噴水、ブリティッシュハウス、111山手ハウス、大佛次郎記念館、KKRポートヒル横浜ホテル、横浜気象観測所、神奈川近代文学博物館。横浜ハーバービューパークの向かいには横浜インターナショナルスクールのメインキャンパスがあります。歴史的な横浜外国人墓地も近くにあり、この地域は横浜で最も人気のある観光地の1つです。

交通

横浜ハーバービューパークの最寄り駅は、JR京浜東北線石川町駅とみなとみらい線元町中華街駅です。

も参照してください

Motomachi, Yokohama

参考文献

外部リンク

[https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/midori-koen/koen/koen/daihyoteki/kouen007.html公式サイト(横浜市)]日本語

Original article in language