宝永大噴火

Article

May 23, 2022

富士山の宝永大噴火は、1707年12月16日(宝永4年11月23日)に始まり、1708年2月24日に終了しました。富士山の最後の確認された噴火であり、1708年から3回の未確認の噴火が報告されています。 1854年まで。それは東日本でそれが作り出した巨大な降灰とそれに続く全国の地滑りと飢餓でよく知られています。北斎の富嶽百景には、南西斜面の二次噴火地点にある小さな火口の画像が含まれています。噴火が起こった地域は、宝永4年に起こったため、宝永山と呼ばれています。今日、主な噴火の火口は、富士宮または富士山の御殿場トレイルから訪れることができます。

噴火の程度

噴火の3年前の1704年2月4日から2月7日まで、ゴロゴロと鳴り響きました。噴火の1〜2か月前には、火山の麓でマグニチュードが5に達する地震が発生しました。噴火、スコリア、灰が成層圏に撃ち込まれ、火山のはるか東に降り注ぐ、プリニアン噴火。この地域での大雨と洪水により、噴火の直後に地滑りが発生しました。噴火は富士山の東北東の側面で起こり、第1、第2、第3の熱水噴出孔という3つの新しい火山噴出孔を形成しました。大惨事は数日の間に発生しました。数日後、最初の地震と燃えがらと灰の爆発が続き、岩や石がより強力に放出されました。宝永大噴火は、日本史上最悪の降灰災害を引き起こしたと言われています。溶岩流は発生しませんでしたが、約8億立方メートル(28×10 ^ 9 cu ft)の火山灰が噴火しました。火山の周りの広大な地域、さらにはほぼ100 km(60マイル)離れた江戸に到達します。伊豆、甲斐、相模、武蔵の各州では、燃えがらと火山灰が雨のように降った。火山の東の東京と横浜では、降灰が記録された。江戸では、火山灰の厚さは数センチでした。噴火から放出された火山灰は地球に落下し、その地域の多くの作物を覆い、成長を阻害しました。噴火の結果として何人の死者が出たのかについての推定はありません。噴火は火山爆発指数で5と評価されています。宝永大噴火により、約8億立方メートル(28×10 ^ 9立方フィート)の火山灰が放出され、火山の周囲の広大な地域に広がり、約100 km(60マイル)離れた江戸にまで達しました。伊豆、甲斐、相模、武蔵の各州では、燃えがらと火山灰が雨のように降った。火山の東の東京と横浜では、降灰が記録された。江戸では、火山灰の厚さは数センチでした。噴火から放出された火山灰は地球に落下し、その地域の多くの作物を覆い、成長を阻害しました。噴火の結果として何人の死者が出たのかについての推定はありません。噴火は火山爆発指数で5と評価されています。宝永大噴火により、約8億立方メートル(28×10 ^ 9立方フィート)の火山灰が放出され、火山の周囲の広大な地域に広がり、約100 km(60マイル)離れた江戸にまで達しました。伊豆、甲斐、相模、武蔵の各州では、燃えがらと火山灰が雨のように降った。火山の東の東京と横浜では、降灰が記録された。江戸では、火山灰の厚さは数センチでした。噴火から放出された火山灰は地球に落下し、その地域の多くの作物を覆い、成長を阻害しました。噴火の結果として何人の死者が出たのかについての推定はありません。噴火は火山爆発指数で5と評価されています。相模県、武蔵国、火山東部の東京と横浜で降灰が記録されました。江戸では、火山灰の厚さは数センチでした。噴火から放出された火山灰は地球に落下し、その地域の多くの作物を覆い、成長を阻害しました。噴火の結果として何人の死者が出たのかについての推定はありません。噴火は火山爆発指数で5と評価されています。相模県、武蔵国、火山東部の東京と横浜で降灰が記録されました。江戸では、火山灰の厚さは数センチでした。噴火から放出された火山灰は地球に落下し、その地域の多くの作物を覆い、成長を阻害しました。噴火の結果として何人の死者が出たのかについての推定はありません。噴火は火山爆発指数で5と評価されています。

地域社会への影響

1707年から1708年にかけての宝永大噴火は、富士地方に住む人々に壊滅的な影響を及ぼしました。火山から放出されたテフラは農業の衰退を引き起こし、富士地域の多くの人々が餓死しました。火山灰が落下し、富士山の東の耕作地を広く覆いました。畑を取り戻すために、農民は火山性の製品をゴミ捨て場に投げ出し、山を作ります。雨は、投棄場所から川に向かって物質を洗い流し、一部の川、特に大量の灰が落ちた酒小川に浅くなり、一時的なダムができました。宝永大噴火の翌年の1708年8月7〜8日の大雨により、火山灰と泥の雪崩が発生し、ダムが破壊され、足柄平野が氾濫しました。宝永大噴火による犠牲者の多くは、洪水、地滑り、そして事後の飢餓。噴火後に灰が落ちたため、作物が失敗し始め、江戸(1869年に東京に改名)地域で大量の飢餓が発生しました。大きな岩、洪水、灰などのがれきのため、他の場所への移動も容易ではなく、江戸地域はさらに飢餓状態に陥りました。

地殻変動とさらなる噴火の脅威

日本は、環太平洋火山帯と呼ばれる地球で最も地質学的に活動的な地域に位置しています。この地域は、多くの火山噴火と地震で知られています。宝永大噴火の前には、噴火のちょうど49日前に、マグニチュード8.6の大地震が発生しました。多くの火山学者は、この地震が噴火の原因である可能性が高いと考えています。科学者が最近測定した火山内の内圧に基づいて、噴火の可能性についての推測は高いです。被害は日本に250億米ドル以上の費用がかかると推定されています。 1707年の宝永大噴火と同様に、1707年の宝永地震などの別の地震が発生した場合、火山はほぼ確実に噴火すると想定されています。 1707年の宝永大噴火の繰り返しは、神奈川県東京都の人口密集地域で3,000万人を超える人々に影響を与えたとも言われています。千葉と山梨県、埼玉県、静岡県の一部。火山は東京に最も大きな影響を及ぼし、高度に技術的な都市で停電、水不足、および機能不全を引き起こす可能性があります。

も参照してください

1707年宝永地震富士山の噴火宝永山

参考文献

外部リンク

Original article in language