Fujisan Hongū Sengen Taisha

Article

August 13, 2022

富士山本宮浅間大社は、静岡県富士山市にある神社です。旧駿河国の一宮であり、1300年の浅間神社や浅間神社の本殿です。神社は富士宮の繁華街にある広大な場所にあります。また、8段目以降の富士山頂上全体が神社境の一部とされています。毎年5月5日に本殿が開催され、流鏑馬公演が行われます。2013年には富士山文化遺産に登録されました。

祀られた神

The primary kami of Fujisan Hongū Sengen Taisha is Konohanasakuya-hime (木花咲耶姫), the daughter of Ōyamatsu-no-mikoto (大山祇命). Mount Fuji was deified and its kami was named Asama no Okami (浅間大神), also known as Asama Daimyōjin (浅間大明神), Asama Gongen (浅間権現) or Sengen Daibōsatsu (浅間大菩薩), and is associated with Konohanasakuya-hime.

歴史

神社は富士山を崇拝するカルトの中心地であり、全国から巡礼者が集まりました。千元大社は、巡礼者が登山を始める前に水で清める場所でした。1871年から1946年にかけて、国家神道の階級制度の下で、富士本宮浅間大社は正式に神平大社の1つに指定されました。これは、政府が支援する神社の1位に立ったことを意味します。現在、約40万人の巡礼者がいます。毎年富士山に登り、安全な登山を願って神社に立ち寄る人も少なくありません。

文化財

重要文化財

神社の本殿は、2階建ての門塔を備えた独特の浅間造様式です。徳川家康の寄贈により1604年に建てられましたが、1854年の安政東海地震以降、何度か修繕されています。1907年から国の重要文化財に登録されています。城町には室町時代の吊り巻物があります。富士マンダラ(絹本著色富士曼荼羅図)を描いたもの。巻物の大きさは180.2x 117.8 cmで、富士山の理想的な景色を金で描いています。山頂には3つの頂上があり、それぞれに神性のイメージが含まれています。白いローブを着た巡礼者の長い列が山の斜面を蛇行しており、山頂の両側に太陽と月が描かれています。刀の柄には「金光」という名前が刻まれており、1306年から1334年に活躍した備前の著名な言葉遣いでした。この刀は1912年に国の重要文化財に指定されました。この神社には、室町時代の脇差銘奉富士本宮源式部丞信国もあります。この短剣には、柄に1427年の日付と「のぶくに」の名前が刻まれています。1547年に武田信虎の義理の息子である穴山信友から神社に寄贈されました。1912年から国の重要文化財に登録されています。この短剣には、柄に1427年の日付と「のぶくに」の名前が刻まれています。1547年に武田信虎の義理の息子である穴山信友から神社に寄贈されました。1912年から国の重要文化財に登録されています。

天然記念物

湧玉池は、富士川の支流である神田川の源流である泉がある神社の敷地内にある大きな池です。1944年以来、国定自然地域として保護されています。

も参照してください

神社のリスト近代社格神社富士吉田、山梨

参考文献

クラーク、ティモシー(2001)。富士山の100ビュー。ウェザーヒルブックス。ISBN0-8348-0492-1。Plutschow、Herbe。まつり:日本のお祭り。RoutledgeCurzon(1996)ISBN 1-873410-63-8 Ponsonby-Fane、Richard Arthur Brabazon (1962年)。<

Original article in language