Fujinomiya, Shizuoka

Article

May 23, 2022

富士宮市(富士宮市、富士宮市)は、静岡県中部に位置する都市です。2019年7月1日の時点で、この都市の推定人口は56,655世帯で132,507人であり、人口密度は1km²あたり340人です。市の総面積は388.99平方キロメートル(150.19平方マイル)です。

歴史

市名は、富士山本宮浅間大社の旧神社名「富士宮」に由来しています。富士山本宮浅間大社の鳥居前町として発展した古くからの集落で、富士藩が神社の大僧侶を務めていました。近くには、日蓮正宗の本部として日興正宗によって1290年に設立された大石寺の聖域があります。富士宮は富士山と密接な関係があり、大宮と村山口の山岳巡礼路の交差点に位置していました。鎌倉時代には、源頼朝将軍が手配した狩猟イベント「富士の巻狩り」が、曾我兄弟事件の復讐も行われた富士野の古代地域で開催されました。これらの行事は、大来物語(主に手紙の形で作成された歴史的な初等教育の教科書)などの歴史資料として、また歌舞伎、能、浄瑠璃などの娯楽の主題として広められました。富士宮は駿河国と甲斐国を結ぶ主要ルートのポストタウン(戦国時代に要塞化された)でした。江戸時代、この地域は徳川幕府の直属の天良領でした。英国領事館のラザフォード・オールコック卿は、1860年に富士宮出身の外国人によって富士山に最初に記録された登山を行いました。1889年の明治初期の大規模な改革の間に、この地域は大宮町と富士地区のある8つの村に再編成されました。静岡。 1942年6月1日、大宮町と隣接する藤岡村が合併して近代都市が設立されました。1955年に隣接する藤根村、1956年に北山、白糸、上井出、上野の各村を併合することで市は拡大した。1987年からオウム真理教が本部を置いた。直近の合併は2010年3月23日、芝川町(富士県出身)が富士宮に合併したことです。

地理

富士宮は静岡県中部の富士山麓の高原と低地に位置し、標高は35〜3,336 m(115〜10,945フィート)です。平均気温は15.6°C(60.1°F)です。街の多くは富士箱根伊豆国立公園の境界内にあります。富士宮は、富士山への登山の主要な出発点の1つとして知られており、その頂上は一部は市の境界内にあります。静岡県のほとんどの地域と同様に、この地域は温暖な海洋性気候で、夏は蒸し暑く、冬は穏やかで涼しくなります。

周辺自治体

人口統計

日本の国勢調査データによると、富士宮の人口は過去50年間で着実に増加しています。

気候

この都市は、夏は高温多湿で、冬は比較的穏やかな気候が特徴です(ケッペンの気候区分Cfa)。富士宮の年間平均気温は14.9℃です。平均年間降水量は1881mmで、9月が最も雨の多い月です。気温は平均して8月に26.1°C前後で最も高く、1月に4.4°C前後で最も低くなります。

政府

富士宮市には、市長議会制の政府があり、直接選出された市長と一院制の市議会が22人の議員で構成されています。

経済

富士宮は静岡県内の産業の中心地であり、伝統的に製紙業に重点を置いてきました。その他の製造業には、回転機器、化学薬品、医薬品などがあります。

教育

富士宮市には、市が運営する公立小学校21校と公立中学校13校があります。静岡県教育委員会が運営する公立高校が4校あります。市には私立中学校が1校、私立高校が2校あります。都道府県静岡県農林大学も富士宮市にあります。

交通

鉄道

高速道路

西富士道路(

Original article in language