Fujikyuko Line

Article

May 23, 2022

富士急行線(富士急行線、富士急行線)は、大月市の大月駅と富士河口湖町の河口湖駅を結ぶ山梨県の日本の民間鉄道です。富士急行が運行する唯一の線路です。線路は正式には大月線(大月線、大月線)と河口湖線(河口湖線、河口湖線)で構成されていますが、2本は1本で運行されています。この路線は、1900年に開業した鶴馬車路(都留馬車鉄道)までさかのぼることができます。

サービス概要

地元の電車(すべての駅に停車します)は約30分ごとに運行しています。これらに加えて、いくつかの富士山東急(富士山急行)サービスが運営されています。大槻(海抜358メートル)から川口子(海抜857メートル)まで登山する山岳地帯で、26.6キロのルートを500メートル登ります。電車の中から富士山が見えるところがたくさんあります。富士急行線は、富士山の山梨県北部と富士箱根伊豆国立公園の一部である富士五湖を結ぶ唯一の鉄道路線です。ただし、新宿ターミナルから富士吉田、河口湖への直通高速バスは、東京からの移動の方が速くて便利です。東京から富士急行線への直通便は、週末の季節限定の高速列車と地元の通勤電車を除けば、それほど多くありません。富士急行の鉄道・バス路線は、PASMO、Suica、その他のICフェアカードをご利用いただけます。富士急行は、2015年3月14日から機能を提供しました。富士急行は、4月1日から富士急行を分割するため、2021年5月に「富士山行電鉄道/富士山六電鉄道」を設立しました。そして、2022年4月1日から富士急行は必ず「富士山六電器鉄堂」に所属することになります。Fuji San-Roku Denki Tetsudo" from 1 April 2022.Fuji San-Roku Denki Tetsudo" from 1 April 2022.

基本データ

距離(大槻-河口湖):26.6 km大槻線(大槻-富士山):23.6 km川口湖線(富士山-河口湖):3.0 km単線ですが、駅の約半分に列車交換があります。 。大槻線は大槻から富士山までほぼ南西に走り、河口湖線は富士山から河口湖までほぼ北西に走っています。

すべての駅は山梨県にあります。凡例O:電車はこの駅に停車します|:電車はこの駅に停車しません

歴史

鶴馬車は1900年に鶴志から下吉田まで762mm(2フィート6インチ)の軌間を開通しました。1903年、富士馬車は大槻から加成まで610 mm(2フィート)の軌間を開通しました。同年、鶴馬車が鶴敷から風成、下吉田から富士吉田(現在の富士吉田)に延長され、1921年に両社が合併し、大槻から風成区間を762mmゲージに改造し、電化した。 1926年9月18日、富士山麓電鉄道が設立され、1929年6月19日、大槻から富士吉田まで、1,067 mm(3フィート6インチ)の新しい路線が運行を開始しました。 1,500 VDCオーバーヘッド。富士吉田から川口子まで路線が延長され、1950年8月24日に開通した。1960年5月25日より富士急行に改称。路線の貨物輸送は1978年4月1日から中止されました。

車両

元車両

富士急行2000シリーズ(富士急行2000形サービス、2002年2月〜2016年2月7日)最後の2000シリーズセットは、2016年2月7日の最終走行後に撤回されました。富士急行5000シリーズ(トーマスランドエクスプレスサービス、2007年〜2019年)

も参照してください

天上山公園カチカチ山ロープウェイ日本の鉄道会社一覧日本の線路一覧

参考文献

この記事には、ウィキペディアの対応する記事の資料が組み込まれています。

外部リンク

公式ウェブサイト

Original article in language