Bakumatsu

Article

May 23, 2022

幕末は、徳川幕府が終わった江戸時代の最後の年でした。 1853年から1867年の間に、日本は鎖国として知られる孤立主義的な外交政策を終わらせ、封建的な徳川幕府から明治政府の近代帝国に変わりました。この時期の主な思想・政治的分裂は、一神志士と呼ばれる親帝国の民族主義者と、エリート新撰組の剣士を含む幕府軍との間であった。これら二つのグループが最も目に見える力でしたが、他の多くの派閥は幕末の混沌を利用して個人の力を奪おうとしました。さらに、異議を唱える主な原動力は他に2つありました。1つは、外様大名(または外部の領主)の側での憤慨の高まり、2つ目はマシュー・C・ペリーの到着後、反西洋感情が高まっています。 1600年の関ヶ原の戦いで前任者が徳川軍と戦った領主との最初の関係であり、その後、幕府内のすべての強力な地位から永久に排除されました。二つ目は、尊王攘夷、または「皇帝を畏敬の念を抱き、野蛮人を追放する」というフレーズで表現されることでした。幕末のターニングポイントは、戊辰戦争と鳥羽伏見の戦いで、幕府の勢力が敗北したときでした。皇帝を畏敬の念を抱き、野蛮人を追放する」。幕末のターニングポイントは、戊辰戦争と鳥羽伏見の戦いで、幕府の勢力が敗北したときでした。皇帝を畏敬の念を抱き、野蛮人を追放する」。幕末のターニングポイントは、戊辰戦争と鳥羽伏見の戦いで、幕府の勢力が敗北したときでした。

バックグラウンド

外国勢力との摩擦

外国海運との摩擦により、日本は19世紀初頭から防衛行動をとるようになりました。捕鯨活動や中国との貿易により、欧米の船は日本全国でその存在感を増してきました。彼らは、日本が供給の拠点、あるいは少なくとも難破船が支援を受けることができる場所になることを望んでいました。 1808年にイギリス海軍のフリゲート艦HMSフェートンが港湾長に物資を要求した長崎港での事件は、港をさらに厳重に警備するよう命じた徳川政府に衝撃を与えた。 1825年、幕府が外国人との接触を禁じる勅令(異国船無二念打払令、異国船無二念打払令、生国船無二念打払令、「二度と考えない」方針)を発布した。それは1842年までその場にとどまりました。その間、日本は蘭学(「西洋研究」)を通して外国の科学について学ぶことに努めました。西洋人を撃退する命令を実行する日本の能力を強化するために、長崎を拠点とする高島秋帆などの一部は、出島でオランダ人を通じて野砲、迫撃砲、銃器などの武器を入手することができました。藩摩藩は長崎の高島から、1837年に鹿児島湾にアメリカ軍艦が侵入した後の薩摩藩から、そして佐賀藩と長州藩から学ぶために学生を送りました。これらの領域はまた、西洋兵器の製造を研究しました。 1852年までに薩摩と佐賀は銃器に必要な鉄を生産するための反射炉を持っていた。1837年にチャールズ・W・キングの下で​​モリソン号が巻き込まれたモリソン号事件の後、江川英龍は1839年に西側の侵入に対する東京湾の防衛を確立する責任を負いました。第一次および第二次アロー戦争で清中国が被った屈辱的な敗北の後、多くの日本の当局者は彼らの伝統的な方法が西側の勢力に匹敵しないことに気づきました。 。西洋の勢力に平等に対処するために、1841年に高島秋帆が徳川幕府に向けて西洋の銃を研究し、デモを行いました。外国からの侵入をよりよく回避する方法については、すでに全国的な議論が行われていました。江川などの一部は、外国人の技術を使って彼らを撃退する必要があると主張した。鳥居洋造などの他の人々は、日本の伝統的な方法だけを採用し、強化すべきであると主張した。江川は、儒教や仏教が海外から伝わったように、有用な西洋の技術を導入することは理にかなっています。 「西洋の知識」と「東の道徳」の理論的統合は、「独自の方法で野蛮人を支配する」という観点から、後に佐久間象山と横井小楠によって達成されるでしょう。しかし、1839年以降、伝統主義者が優勢になる傾向がありました。西洋科学の学生は、反逆罪で告発され(蛮社の悟空)、自宅軟禁され(高島秋帆)、儀式的な自殺を余儀なくされ(渡辺崋三、高野長英)、あるいは佐久間象山のように暗殺されました。伝統主義者が優勢になる傾向がありました。西洋科学の学生は、反逆罪で告発され(蛮社の悟空)、自宅軟禁され(高島秋帆)、儀式的な自殺を余儀なくされ(渡辺崋三、高野長英)、あるいは佐久間象山のように暗殺されました。伝統主義者が優勢になる傾向がありました。西洋科学の学生は、反逆罪で告発され(蛮社の悟空)、自宅軟禁され(高島秋帆)、儀式的な自殺を余儀なくされ(渡辺崋三、高野長英)、あるいは佐久間象山のように暗殺されました。

黒船来航(1853–54)

1853年7月にマシュー・ペリー提督の4隻戦隊が江戸湾(東京湾)に出現したとき、幕府は混乱に陥った。ペリー提督は、日本人との交渉が失敗した場合、敵対行為に完全に備え、日本人が交渉を拒否した場合、発砲すると脅迫した。彼は彼らに2つの白い旗を与え、彼らが彼の艦隊からの砲撃を止めて降伏したいときに旗を掲げるように彼らに告げた。ペリーは武器を示すために、港の周りのいくつかの建物を攻撃するように船に命じました。ペリーの船には新しいペクサン砲が装備されており、砲弾が着弾したすべての場所に破壊をもたらすことができました。

日本の対応

黒船来航と日本の領海への外国軍艦の侵入の増加に対応して、昇平丸や旭日丸を含むいくつかの近代的な航海用フリゲートが、薩摩藩によって幕末日本の徳川幕府の命令で建設されました。昇平丸は、1853年から1854年にかけて、現在の鹿児島県の桜島にオランダの青写真に従って建てられました。さらに、江戸をアメリカの侵略から守るために、東京湾のお台場に要塞が設置されました。近代的な大砲を製造するために、産業開発もすぐに開始されました。江川英龍が韮山に反射炉を設置し、大砲を鋳造した。アメリカ艦隊は1854年に帰還しました。上級評議員の阿部正弘議長がアメリカ人との取引を担当しました。安倍首相は、この国家安全保障への脅威を管理する前例がなく、外国人と妥協したい上級評議員、外国人を締め出したい皇帝、そして戦争に行きたがっている封建大名の支配者の欲求のバランスをとろうとした。 。コンセンサスを欠いて、安倍首相は、軍事的準備をしながら、日本を対外貿易に開放するというペリーの要求を受け入れることによって妥協した。 1854年3月、平和友好条約(または日米和親条約)は貿易禁止を維持しましたが、下田と函館の港をアメリカの捕鯨船に提供を求めて開放し、難破したアメリカの船員に良い待遇を保証し、アメリカ領事を許可しました江戸南西部伊豆半島の港、下田に居を構える。 1855年2月、ロシア人は下田条約に追随した。その結果、幕府に大きな被害が出ました。政府の政策をめぐる議論は珍しく、幕府に対する国民の批判を引き起こした。新しい同盟国の支援を求めることを期待して、安倍は譜代大名の驚愕に、親藩と外様大名と相談し、すでに弱体化した幕府をさらに弱体化させました。安世改革(1854–1856)では、その後、安倍首相はオランダにオランダの軍艦と兵器を注文し、新しい港湾防衛を構築することによって体制を強化しよう

Original article in language