浅間神社

Article

August 13, 2022

浅間神社(浅間神社、浅間神社、浅間神社)は、火山の神、特に富士山の崇拝を中心とした日本の神社の一種です。神社本町によると、浅間神社は約1300あります。国内では、主に静岡県と山梨県を中心に、神社地方と愛市県を中心に活動しています。ほぼすべての浅間神社が富士山の視界内にあります。距離や障害物のためにこれが不可能な場合、山の岩で作られた富士塚(富士塚)と呼ばれる富士山のミニチュアレプリカが神社の敷地内に建てられることがよくありました。すべての浅間神社の長は静岡県富士宮にある富士山本宮浅間神社です。2013年には富士山本宮浅間神社、村山浅間神社、富士山本宮浅間神社、須山浅間神社、富士山浅間神社、河口浅間神社、富士大室浅間神社が世界遺産に登録されました。

神道の信念

浅間神社の主な神は、この花作屋姫であり、時には父親のオオヤマツミのミコトや妹のイワナガヒメと組み合わされています。コノハナノサクヤ姫は、古事記と日本書記の両方に登場し、両方の年代記に登場する物語によれば、もともとは防火に関連していたようです。しかし、室町時代や江戸時代のある時期に、彼女がどのようにして富士山と関係を持つようになったのかを説明する具体的な参考文献はありません。

歴史

「浅間」という言葉の由来は、かなりの不確実性と議論の余地がありますが、その本来の意味は、火山や火山の噴火、そしてそのような山の麓にある泉の存在に関連しているようです。新形の浅間山(浅間山、浅間山)と三重の浅間山(朝熊山、浅間山)を中心とした山岳崇拝に基づくカルトは、人間の参考文献から、富士山を中心とした山カルトと現代的に見えます。よしゅう。しかし、日本で最も高く、最も有名な火山としての富士山の崇拝が支配的になりました。富士山は、記録された歴史の中で18回噴火しました。それを和らげるために、宮廷は平安時代初期に宮廷を授与し、大神千元として崇拝しました。富士山本宮浅源大社の神社の伝統によると、坂上田村麻呂は、垂仁天皇の治世中に、既存の神社を富士山の斜面から低地に移しました。富士山と不死を求める魔法使いを結びつける伝統も存在し、役小角の伝説的な神秘的な力は山での彼の訓練に起因すると考えられています。平安時代から、真言宗の密教や修験道の実践と組み合わされた、水の提供者としての火山神の崇拝。山伏松大商人は、鳥羽天皇を後援して富士山に数百回登り、寺院を建てたと言われています。室町時代には、富士山を登る巡礼が人気を博し、お土産として曼荼羅が作られました。カルトを広めるために。このような曼荼羅は、典型的には三保の松原に上陸する巡礼者を描いたものです。富士山の登りのさまざまな段階。山の頂上には3つの峰があり、その周りにさまざまな仏菩薩や菩薩が浮かんでいます。江戸時代、関東地方では、当局による落胆の努力にもかかわらず、お守りを使った魔術宗教の実践を用いて信者を病気や大惨事から守るために、宗教的友愛制度である藤光が非常に人気を博しました。明治維新後、富士山のカルトは急激に衰退し、富士子グループは現在、さまざまな神道の流派組織に組み込まれています。当局によるそれを思いとどまらせる努力にもかかわらず、お守りを使った魔術宗教的慣習を使用して、信者を病気や大惨事から保護します。明治維新後、富士山のカルトは急激に衰退し、富士子グループは現在、さまざまな神道の流派組織に組み込まれています。当局によるそれを思いとどまらせる努力にもかかわらず、お守りを使った魔術宗教的慣習を使用して、信者を病気や大惨事から保護します。明治維新後、富士山のカルトは急激に衰退し、富士子グループは現在、さまざまな神道の流派組織に組み込まれています。

関連する神社

も参照してください

神社一覧神宮浅間丸一覧

ノート

参考文献

ポンソンビーフェーン、リチャードアーサーブラバゾン。(1962年)。神道と神社での研究。京都:ポンソンビー記念協会。OCLC 3994492____________。(1959)。皇室。京都:ポンソンビー記念協会。OCLC 194887

外部リンク

富士山本宮浅間大社(公式サイト)神道日本建築・美術百科事典

Original article in language