1707年宝永地震

Article

July 1, 2022

1707年の宝永地震(宝永地震、宝永地震)は、10月28日の現地時間14:00に日本中南部を襲った。2011年の東北地方太平洋沖地震を超えるまで、日本史上最大の地震でした。本州南西部、四国、九州南東部で中程度から重度の被害をもたらした。地震とそれに伴う破壊的な津波により、5,000人以上の死傷者が出ました。このイベントは、南海トラフ巨大地震のすべてのセグメントを同時に破壊しました。これは、これを行ったことが知られている唯一の地震で、推定マグニチュード8.6MLまたは8.7Mwでした。49日後の富士山の最後の噴火のきっかけになったのかもしれません。宝永は1704年3月から1711年4月までの時代でした。

地殻構造の設定

本州の南海岸は、ユーラシアプレートの下にフィリピン海プレートが沈み込むことを示す南海トラフと平行に走っています。この収束プレート境界上の動きは多くの地震を引き起こし、そのうちのいくつかは巨大地震タイプです。南海トラフ巨大地震には、独立して破裂する可能性のある5つの異なるセグメント(AE)があります。セグメントは、過去1、300年間に、単独で、または一緒に繰り返し破裂しました。この構造物の巨大地震はペアで発生する傾向があり、それらの間には比較的短い時間差があります。1854年の2つのイベントに加えて、1944年と1946年に同様のペアが発生しました。どちらの場合も、北東セグメントは南西セグメントの前に破裂しました。1707年のイベントでは、地震は同時発生したか、歴史的な情報源によって区別されないほど時間的に接近していました。

ダメージ

地震により5,000人以上の死傷者が出て、29,000戸の家屋が破壊され、静岡市で少なくとも1つの大きな地滑りである大谷滑りが発生しました。日本で最大の3つのうちの1つであり、推定1億2,000万m3のがれきの下に1.8km2の面積を埋めました。奈良盆地は、イベントによって引き起こされた液状化の証拠を示しています。

特徴

地震

いくつかの観測に基づくと、1707年の地震の規模は、1854年の東海地震と南海地震の両方の規模を上回りました。室戸岬の隆起は、1854年の1.5mと比較して1707年には2.3mと推定され、川内平野のJMAスケールで6〜7の地震強度の領域が存在し、被害の程度と浸水高さは対応する津波と韓国の長崎や済州特別自治区などの遠隔地での津波の記録。破裂の長さは、観測された津波のモデリングと津波堆積物の位置から推定されています。破裂した4つのセグメントに基づく当初の推定605kmは、トラフの西端で発見された津波堆積物を説明できませんでした。南西端に追加のエリアを含めると、いわゆるHayuga-nadaセグメントの一部であり、より良い一致が得られました。総破裂長は675〜700kmの範囲です。

津波

高知の南西海岸に沿って、遡上高さは平均7.7 mで、場所によっては最大10mでした。高さ25.7m、呉、中土佐、高知、種崎23m。

富士山の噴火

証拠は、関与するマグマシステムが臨界状態に近いと仮定すると、大地震によって引き起こされる応力の変化が火山噴火を引き起こすのに十分である可能性があることを示唆しています。1707年の地震は、静的応力の変化を引き起こし、富士山の下のマグマ溜りの圧力変化を引き起こした可能性があります。火山は、地震の49日後の1707年12月16日に噴火しました。

も参照してください

日本ポータル日本における地震のリスト歴史的地震のリスト巨大地震のリスト

参考文献

Original article in language